ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

出しとして使うコンブチャのレシピ

コンブチャと言えば、用途としてお祝いの席で使われたものでした。桜の花びらを塩漬にした、桜茶と同様に、優しい味わいのお茶は、甘い和菓子と良く合います。しかし、それだけではもったいないコンブチャの用途です。

普段は恐らく、家庭において、あまり使用することもないでしょう。粉末の缶入りコンブチャは冷蔵庫などの片隅に忘れられている一つかも知れません。そこで、このコンブチャを使ったレシピとして、いろいろと利用できるものがあります。コブは良いダシが出ることは、誰でもご存知の事ですが、コブを煮てダシを取るのは、ちょっとと思われる方は、おでんなどの出しに粉末のコンブチャを入れてみてください。小さじ2ハイくらいで良いです。また、お好み焼きの種の中に混ぜ込んでも良いダシが出て、カツオ節とともに一層美味しくなります。それ以外にも、お吸い物や茶碗蒸しにも、良い味を出してくれます。また、即席漬けのきゅうりやキャベツを作る際、塩少々とコンブ茶こさじ1を入れ、ビニール袋の中で、一緒に揉み込みます。焼肉料理などの口直しなどには、絶品です。

洋風のものでは、茹でたパスタに塩少々とこの場合、梅入りの梅コンブチャを混ぜ、オリーブオイルをかけたあと、大葉を刻み混ぜます。和風パスタで試してみてください。和風にも洋風にも、オールマイティーです。お茶として考えず、だしの素として、考えていくとレシピが広がります。味噌汁のダシやお茶漬けのダシ、茶碗蒸しのダシや卵焼きなど一味風味の違う美味しさを味わうことができるのです。

お弁当のおかずには、やはり、梅入りのものでおにぎりを握ってみます。茹でたたけのこをコブチャであじつけして、薄口醤油とみりんで炊いてみましょう。また、長芋を一センチ角に切り、梅入りコブチャをまぶしてみましょう。これは、酒の肴にもうってつけの美味しさです。ヘルシーでやみつきになります。このように、コブチャはあらゆるものに合います。是非試して作ってみましょう。