ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

授乳中のコンブチャ摂取の効果とリスクへの対処について

コンブチャを摂取して得る事が期待される主要な効果は、発酵由来で生じるプロバイオテクスによる腸内細菌群の改善です。授乳中においては腸内細菌による栄養吸収の良し悪しが母乳に影響を与える事が考えられますが、胎児にとってその影響は間接的なものとなります。従って母親側の腸内環境が整う事の好影響のみを考慮する事が出来るので、授乳中のコンブチャの摂取については問題無いものと考えられます。

むしろ出産時において、帝王切開といった人的な施術による強い介入があった場合、腸内細菌のバランスは大きく崩れる事が医学的に指摘されています。その状態を授乳中には回復させるという意味でも、コンブチャは積極的に摂取して良いものと考えられます。但し、実際に授乳中に摂取する場合には少々注意を払った方が良い点も指摘する事が出来ます。

まずコンブチャは、発酵の段階で僅かながらアルコールを発生させる可能性があります。また原料に紅茶を使用する事から、これを由来とするカフェインを含有する事になります。何れも授乳中の使用を制限するほどの量ではありませんが、適量を守る事を意識する必要があると言えます。アルコールについては発酵度を強くし、酢に分解されるにまで至らせる事で回避する事も可能です。またコンブチャは、体内の毒素・老廃物の排出作用も強いとされます。その為、摂取を始めた頃に体から排出されるものにそうした余剰物の濃度が高くなる可能性があり、授乳中においては一部の物質が母乳の方に含まれてしまう可能性も否定し切れないというリスクがあります。

これを回避する為には授乳と摂取開始が重ならなければ良いので、妊娠中から飲み慣らして置く事がポイントとなります。妊娠中にも腸内環境の整備は重要且つ胎児への好影響が考えられますし、前述したカフェイン・アルコールも摂取量を守れば大きな問題を生じない程度に留まる事から、寧ろ摂取を勧める事が出来ます。母親の腸内細菌群の在り方は、初期の胎児の其れにもある程度転移する事から、上手くコンブチャを活用したいものです。