ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

コンブチャに含まれる乳酸菌

コンブチャには3種類の乳酸菌が含まれています。乳酸菌は600種類ほどあり、それぞれ効果が違いますが美容や健康に良い影響を与えます。コンブチャに含まれているのは、まずアシドフィルス菌です。熱や酸に強いので、生きて腸まで届き腸内環境を整えます。他の多くの種類が胃酸で死んでしまう一方で、生存率はおよそ70%と高いので、ヨーグルトや乳製品によく使われています。腸内で最も多く存在する種類の一つで、ピロリ菌を殺すことができ胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気のリスクを下げます。また糖質やタンパク質、脂質が代謝される時に必要なビオチンというビタミンの生成にも関与しています。食生活や生活習慣が乱れた人はビオチンが不足しやすいので、コンブチャを飲んで補給すると良いです。

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする人は、乳糖を分解する酵素が足りないとされます。アシドフィルス菌はラクターゼという酵素を作れるので、乳糖不耐症を改善することも可能です。次にビフィズス菌も含まれています。ヨーグルトに含まれる成分として有名で、便秘解消や免疫力の向上、コレステロール値の低下といった効果があります。年齢を重ねるごとに量が減るので、定期的に摂取した方が良いです。ビタミンB群を生成するため肌荒れも改善します。骨粗鬆症や骨折対策にカルシウムやマグネシウムを多く摂取したい時も、吸収率をアップするので役立ちます。

そしてコンブチャに含まれるフェカリス菌は、生きていても死んでいても腸内に良い影響を与えます。元々腸内に存在しますが、加熱すると免疫力を高める効果があります。インフルエンザを予防したり、ウイルスに細胞が感染しても排除する作用があるため、インフルエンザが流行る時期に適しています。ある研究ではスギ花粉症患者がフェカリス菌を摂取しています。すると、目のかゆみや鼻水などの症状が緩和されて、アレルギー症状の改善に効果があることが分かりました。