ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

自分でできるコンブチャの育て方

コンブチャの株を分けてもらったり購入して、自分でコンブチャを育てようと思っても良く分からない、という人もいますが、育て方の基本は簡単です。ポイントさえ押さえておけば、自分でずっと育て続けていくことができます。

ガラス瓶にコンブチャの株を入れ、その瓶に入るだけのお湯を沸かし、ティーバックの紅茶で構わないので入れ、濃い目の紅茶を作ります。紅茶の量の10分の1ほどの砂糖を入れて混ぜ、室温になるまで放置してからコンブチャの株を入れた瓶に注ぎます。その後、ペーパーナプキンやガーゼで蓋をして外れないように輪ゴムで止めます。これは発酵している最中に酸素が必要になるため、酸素が入れるような状態にしておくためです。そのまま直射日光の当たらない常温の場所に置いておき、夏場で1週間程度、冬場なら10日~2週間程度置いておき、味見をして紅茶の味や砂糖の甘味がなくなり、代わりに酸味と炭酸を感じるようになったら出来上がりです。酸味が強い方が良い人は好みの味になるまで置いておいても大丈夫です。出来上がったコンブチャは瓶などに入れ、株に再び甘い紅茶を作って注いで置いておけば発酵して新たなコンブチャが出来上がります。

自分の家でコンブチャを育てる時の注意点は、雑菌が混入しないようにすることです。発酵の最中に表面に白や緑のカビが生えてしまうことがあります。この場合には飲まずに捨てるようにしてください。これは砂糖の量が少ない、またはガラス瓶の消毒がきちんと出来ていなかったことが原因だと考えられます。使用するガラス瓶は煮沸消毒を行ったものをしようしましょう。

また、出来上がっているかを確認する時の味見に使うスプーンも熱湯で消毒したものを使うと安心です。きちんと消毒されたものを使えば腐りにくく育てやすいものです。紅茶も待ちきれないから、と熱いものを入れてしまうと菌が死んでしまうので、ちゃんと常温まで冷ましたものを使うようにしましょう。