ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

市販のコンブチャが手に入りにくいならマザーをつくればいい

発酵飲料コンブチャが注目を集めています。紅茶や緑茶に砂糖と菌を加えて発酵させた飲み物です。期待されている効果として脂質や糖質の分解を助ける、体内の余分なものをデトックスしてくれる、代謝を上昇させて新陳代謝を活発化させるので脂肪が燃えやすくなる、免疫力を向上してくれる、肌質を改善したり美肌に近づける、むくみ対策や太りにくい体質にするなどが期待されており、海外セレブを中心に人気を獲得し、現在では日本でも愛飲する方が増えているのです。発酵飲料なので、酵素がたくさん含まれていることがこの効果を期待される理由になっており、酵素パワーを体感したい方に評判を呼んでいます。

しかし、注目されているにもかかわらず日本ではコンブチャが入手しにくいのが現実です。そのため、中にはコンブチャのためにマザーを育てている方がいます。このマザーとはカブのことで、牛乳にヨーグルトを混ぜてヨーグルトを増やすように、コンブチャを作って楽しむことができます。

以下は、コンブチャのマザーの作り方です。
大きな口の耐熱ガラス瓶(1リットル)、キッチンペーパー、市販されているコンブチャと同じ量の緑茶や紅茶(無農薬を選ぶ)のティーバッグ、白砂糖3分の1カップを用意します。水500mlを使って瓶を煮沸消毒します。アルコール消毒でも可です。

まず水500mlを沸騰させてティーバッグと砂糖をすべて入れ、甘いティーを作り自然に冷めるのを待ちます。冷めたら市販されているコンブチャのかけら(ドリンクの底にある大きな沈殿物)を500ml程度注ぎます。マザーが呼吸できるようにガラス瓶の口をペーパーナプキンで多い、輪ゴムで止めます。砂糖がマザーの餌になり発酵を促進しますが、飲むときには甘さは消えています。発酵時間は夏場で数日から1週間、冬は1~2週間が目安です。ガラス瓶の外から観察すると白い糸を引き発酵してくる様子がわかります。また、味見をするときは煮沸消毒したスプーンを使い、雑菌が入らないようにしてください。