ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

コンブチャとアルコールについて

コンブチャとは紅茶キノコのことであり、例えるとまるで酢のような味わいのある発酵飲料です。世界的にも人気を集めていて、商品化したものは売上も急増しています。そんな中で、アメリカ政府は配合成分として、アルコールが含まれていることを懸念しています。アメリカではアルコール度数が0.5%を超えたら、それはアルコール飲料としての表示が必要になるからです。

紅茶キノコとはキノコではなく、モンゴルが原産である発酵飲料でし。砂糖を緑茶や紅茶に入れて、そこに菌を加えて14日間位の時間をおいて発酵して来るります。その発酵過程で浮いてくるのが、ゲル状のものであり、まるでキノコみたいなので、ネーミングは紅茶キノコです。

海外で話題の紅茶キノコは、我が国の日本では、すでに昭和40年代末より50年代初頭にかけて、一時期ブームを巻き起こしていたものです。健康食品としてのブームはいっときではありましたが、その火付け役になったのが紅茶キノコ健康法の本です。当時の日本において25万部をクリアしてしまう、ベストセラーにもなっていました。

紅茶キノコは家庭でも培養できたので、株分けにできて広まったものの、培養に失敗したり雑菌等の関係もあって、輝かしいブームは終焉を迎えていたのです。20世紀初頭には欧米で、昆布茶と混同されて紅茶キノコが、コンブチャの名前で健康飲料で販売されています。現代においては海外セレブが、すでに御用達のアイテムとなっていて、そんないきさつもあって、再び脚光を浴びるようになってきました。

コンブチャは美容効果も二重丸なので、菌活で内側からキレイになれる期待が持てます。菌活は日本女子にも関心が高くなっているものであり、健康で美しさもレベルアップさせるために、食事などにも発酵食品を取り入れることです。そんな発酵食品に着目をする日本女子にとっても、紅茶キノコの存在は、もはや次世代の飲む菌活であり、菌活飲料にもなっているのです。