ダイエット効果で人気のコンブチャの効能・口コミまとめ
実はダイエットよりも美容効果がすごい!セレブやモデルが夢中の“コンブチャ”って何?

コンブチャは体にいいけど気になるカロリー

コンブチャは料理の味付けにも使えて、飲むだけでも深みのあるコク、芳醇な香りが楽しめて話題のお茶です。しかし、健康に良いのはわかるのですが気になるのはカロリーです。お茶というというとカロリーゼロという意識が強いですので、無意識にどんどん飲んでしまうこともあると思います。しかし、うっかりカロリーがあったときは、意外と多く摂ってしまっていることにショックを感じてしまいます。そうならないためにも、コンブチャとはどんなものなのかを知っておくことは大切です。

まず、コンブチャは海藻の昆布ではなく、キノコの一種で、それを紅茶と一緒に発酵させた発酵飲料のことです。発酵食品が体に良いことは広く知られています。それと同様に、液体ですので吸収を考えるとそれ以上に体にいろいろな効果を発揮してくれます。体の巡りをよくしてくれ、代謝アップにも一役買ってくれるのでダイエットやデトックスにもぴったりです。

また、発酵させると善玉菌が多くなります。腸内のバランスを整えて、老廃物を排出することにもつながりますので便秘解消にも効果があると言われています。腸がきれいになると肌も透明感が出てきたり、ニキビなども出なくなるのでコンブチャは、体の内側から美しくすることができる飲料なのです。このようにコンブチャはさまざまな働きをしてくれますが、もとはキノコと紅茶です。カロリーはおのずと低くなります。ただし、砂糖を使っているのでその分のカロリーが発生します。発酵するときに糖分が必要なので、砂糖抜きで作ると今度は効果がなくなってしまいます。

一般的にはキノコを浸ける紅茶の量に対して砂糖は10分の1程度が目安になっています。つまり500ミリリットルの紅茶なら砂糖は50グラムです。砂糖は1グラム当たり4キロカロリーですので、50グラムなら200カロリーとなります。あとは飲む量で、計算すれば一杯当たりのカロリーのおおよそがわかります。それでもジュースなどよりは低いですし、まずはコンブチャの有効成分が濃い方を選ぶことが重要なのです。